EcoSysエンタープライズプロジェクトパフォーマンスソフトウェアは、すべての交通インフラストラクチャ プロジェクトの優先順位付け、選択、実行のための集中化された標準化されたアプローチを提供します。 プロジェクトポートフォリオマネジメント、プロジェクトコントロール、プロジェクトマネジメントにまたがる単一のプラットフォームであるため、パフォーマンスの可視性が高まり、すべての関係者が効果的にコラボレーションできるようになります。

 

EcoSysは主要な交通インフラ機関やコントラクターから信頼を得ています

資金を管理し、オーバーランを解消、ステークホルダーの信頼の獲得

交通インフラソリューションシート

交通インフラにおけるEcoSysの主な利点

EcoSysは、お客様が成功するために最適なプロジェクトの選択と計画をサポートします。 そこから資金を管理し、リソースを最適化することで、チームと共に可能な限り効率的にプロジェクトを遂行できるようになります。

ガバナンスの向上

社内または組み込みの業界ベストプラクティスに基づいて、プロジェクトを標準化します。 チームがすべてのプロジェクトを一貫して遂行できるように、基準を設けます。

プロアクティブに行動

予測の遅延がなくなります! EcoSysは、予測可能な指標と高度な予測機能を内蔵した唯一のソリューションであり、先を見通すことができます。

効率的なレポート作成

EcoSysがプロジェクトデータのシングルソースとなることで、レポート作成が容易になります。 月次報告書の作成やエラーの修正など、数え切れないほどの時間を節約できます。

次は…生産性の向上

交通業界は、複雑さと無縁ではありません。 交通機関の資本計画やプロジェクトには、多くの関係者の間で高度な調整が必要です。 透明性、説明責任、そして高いレベルのパフォーマンスが常に求められています。

エンタープライズプロジェクトパフォーマンステクノロジーは、交通機関、コントラクター、官民パートナーシップが、より予測可能で、信頼性が高く、成功した資本プロジェクトを計画し、提供するのに役立ちます。 すべてのプロジェクトデータを1つのプラットフォームに集約することで、資本計画の初期段階からプロジェクト実行時のデータ管理の改善に至るまで、プロジェクトやポートフォリオのライフサイクル全体でプラスの効果が得られます。

Eブックをダウンロード

戦略とプロジェクトデリバリーの統合

EcoSysは、交通インフラの重要なプロジェクトデータを、プロジェクトポートフォリオ管理、プロジェクトコントロール、プロジェクトマネジメントのための1つのソリューションにまとめています。 公共機関やオーナー、コントラクター、官民パートナーシップやジョイントベンチャーなどの混合組織構造に対して、より優れた可視性とコントロールを提供します。 EcoSysでは、以下のような主要なビジネスプロセスの測定可能な改善を見ることができます。

ポートフォリオプランニングと管理

  • 組織の予算サイクルをモデル化し、年次および年度末の予算計画プロセスを管理します。
  • 部門別、財務および/またはコストカテゴリー別、資金源別の予算。
  • 無制限の予算バージョンを作成し、複数年の予算を計画できます。
  • EcoSysがパフォーマンスベースの予算編成を全面的にサポートすることで機関の目標と業務執行を一致させます

資産の予算策定とプランニング

  • 資本計画、資金予測、投資の優先順位付け、資金配分、配分ルール、プロジェクト予算に至るまで、長期的な資本改善プログラムの全ライフサイクルを管理します。
  • EcoSysのウェブ上で表計算ソフトのようにデータを入力することで、予算や予測、進捗状況などの入力を分散させます。
  • スケジューリングシステム、ERP、一般会計システムからデータをインポートして資金、予算、予測、コミットメント、実績のビューを統合します。
  • 市や郡の計画を、多数のスプレッドシートを統合することなく、州全体の交通改善計画(STIPs)や交通マスタープランなどの地域、機関、部門の計画に統合することができます。
  • 法規制のガイドラインに沿ってデータを揃え、レポートを提出します。

資金管理

  • 資金源や資金調達ルールを無制限に管理し、資金分析から洞察を得て、配分や支出を簡単に報告することができます。
  • 既成のレポートや設定されたレポートにより、パフォーマンスの傾向や予測を分析できます。
  • 監査可能な変更管理により、プロジェクトの進化を追跡し、予算の変更や再プログラミングの取り組みの全履歴を管理することができます。

リソースプランニングと管理

  • ポートフォリオやプロジェクトのリソース要求を完全に可視化することで、限られたリソースを最大限に活用することができます。
  • 需要を満たすための詳細なリソースのキャパシティプランを策定し、管理します。
  • 必要なときに適切な財務、人材、資本のリソースが利用できるようにします。
  • リソースの過不足を迅速に修正します。
  • ERPプラットフォーム内の人事・タイムシート・会計システムとのシームレスな連携を実現し、ソフトウェアの統合を最大限に行いながら、重複した投資を避けることができます。